¡Hola, Amigos!

明けましておめでとう!!
去年会えた人、会えなかった人も、今年も宜しくお願いします。

前回の日記で予告したとおり、僕たちはメキシコシティーで新年を迎えました。祭好きの僕としては、「年越し」は旅のハイライトの一つと言っても過言ではありません。僕は沢山の人々が集まった一体感のある会場で、新しい年に変わる一つの瞬間にほとばしるエネルギーを大爆発させる事に大きな幸せを感じます。

僕はこれまで海外で4回新年を迎えてきました。

  • 2006年 : インド・ゴア
  • 2007年 : アルゼンチン・ブエノスアイレス
  • 2008年 : 関空発ドバイ行きの国際線機内 (西アフリカ旅の途中)
  • 2009年 : エクアドル・クエンカ

しかし残念ながら、どれも納得のいく年越しではありませんでした。どこの町でもカウントダウンなど無くて、23:55頃にか細い花火がパンパン打ち上がっただけで終わってしまったり(2006年インド)、町中のお店が完全に閉まってしまい夕食に飢えたまま宿でしっとり過したり(2007年アルゼンチン)、ライブが開催されていると思いきや年越し直前でライブ終了そして観客帰宅(2009年エクアドル)。

「今年こそは素晴らしい年越しを楽しみたい」という一心で、世界のどこが相応しいかどうか、nico(妻)と幾度と無く白熱した大激論を交わしてきました。その結果nicoの強い推薦によりメキシコシティーに決まったのですが、結論から言ってしまうと過去一二を争う素晴らしい年越しでした!

今年は毎年恒例のソカロ(メキシコシティー最大の広場)でのカウントダウンは中止だったものの、大晦日前から革命記念塔前に特設ステージが設営されて、祭り大国メキシコの気合を感じさせてくれました。

大晦日、日本人宿Pension Amigoのパーティー(餃子、生姜焼き、豚汁)を楽しんだ後、22:00頃に会場に行くと既にライブ演奏が始まっていました。ステージ上で歌う「これぞメキシコ」という濃い顔をしたオヤジは、”Joan Sebastian”といってメキシコでは超有名な国民的な歌手らしいです。23:00を過ぎる頃には、もうメキシコ人全員大合唱でした。Bravo!!

会場が大盛り上がりの中、23:50頃ライブが終了して司会者が出てきました。そして23:59からカウントダウン開始。司会とスクリーンの数字が一秒ずれていた事は、メキシコらしい些細な愛嬌です。0:00と共に日本では経験したことが無いくらいの至近距離から、打ち上げ花火が真上にドッカンドッカン上がりました。頭上から火の粉が降り掛かってきそうな迫力です。流石メキシコ、なかなか派手にやってくれます。特に9分以降の大炸裂は必見です。

ところが、今夜はそれだけではなかった。
0:15頃から”Grupo Cañaveral”という別のグループが出てきて、なんとCumbia(クンビア)の演奏が始まったのです!コロンビアのクンビア、それはラテン音楽の中で僕が最も愛する音楽。サルサ程に洗練されていない、クンビアのモッサリ感が大好きです。新年早々からクンビア三昧なんて、なんて幸先の良いスタートでしょうか!右隣で笑顔で踊る熟年夫婦も格好良かったなぁ。

祭り好きな人にはメキシコシティーの年越しはイチオシです!
年末年始でもちゃんとお店が開いているので、飢える心配もありませんよ。

次の年越しはどこになるかなー。

2011/01/06 Tally @ Pension Amigo, Mexico City, Mexico

¡Feliz Año Nuevo!
Tagged on:

2 thoughts on “¡Feliz Año Nuevo!

  • 2011年1月8日 at 10:43 AM
    Permalink

    新年おめでとうー。
    静かな文章の中にもはしゃいだであろう楽しさを感じ、満足のいく年越しを迎えたのだなあ、と思いました。ふたりが笑顔で騒いでる姿が目に浮かんだよ!
    白熱した大激論も面白そう。他にあがった候補地ってどこですか?いっぱいあったのかな?
    そしてアルゼンチンのしっとりな年越しが気になります。私だったら泣いちゃう、それ。

    Reply
    • 2011年1月9日 at 4:33 PM
      Permalink

      あひゃんさん、
      明けましておめでとう。そして、いつも記事を読んでくれて、どうも有難う! 🙂
      今回は相当にテンション高かったよ。「これだよ、これ」って感じ。
      他の候補地はオーストラリアのシドニーやバイロンベイ、そしてカンクンあたりだったよ。経験上日本か欧米先進国の大都市が一番盛り上がると思ってるからさ。そして暖かい所が好きだし。
      アルゼンチンは本当に酷かった。0:00と共にロケット花火が上がり続けて戦場みたいになって。周辺は凄く盛り上がってるんだけど、都会の孤独って感じだね。現地人の友達がいたら、きっと凄く楽しいんだろうなー。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください