6月のグルジアは毎日気持ちよく晴れているが、それなりに雨も多い。夕方だったり、夜だったり、急に雷が鳴りだして数時間の雷雨に見舞われる。昨夜も21:00頃から雷雨が始まった。宿の前の道路は川のようになったが、僕は連日より少し激しいと感じたに過ぎなかった。

豪雨の夜

一夜明けてニュースを見ると、グルジアの事が報道されているではないか!!

– AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3051629
– BBC (英語)
http://www.bbc.com/news/world-europe-33125879
– 産経
http://www.sankei.com/world/news/150614/wor1506140029-n1.html
– Sputnik
http://jp.sputniknews.com/life/20150614/453159.html

グルジアの首都トビリシで豪雨による大洪水が発生し、多数の家に浸水しているのみならず、なんと動物園からトラやライオン、ジャガー、クマ、オオカミ、ワニ等の猛獣が逃げ出して、街中を徘徊しているらしい。

それにしても、同じ町の事とはとても信じがたい。と、宿の前の平和な風景を前に思うのであった。僕たちは今日も元気です。ご心配なく。

豪雨の翌日

2015/06/14 Tally @ Tbilisi, Georgia

豪雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください